猫用ブラシのおすすめ、体型・毛の長さ別決定版!



猫の健康管理をするうえで指標の一つになる毛艶。

猫の毛からはいろんなことがわかります。


その一つが健康状態。

・皮膚疾患や内臓疾患の有無

・ストレス環境

・栄養状態

・生活環境


などなど。


毛艶とはいろいろな理由から状態が変わってしまいます。

内臓疾患にかかり低栄養状態になれば、たんぱく質が足りず、毛はパサパサになって

枝毛や抜けやすくなったり毛がちぎれてしまいます。

そのほか音がうるさいことやお気に入りの寝床が無くなり落ち着ける場所がなくなった場合

ストレスが過剰になり禿げていきます。

生活環境としては部屋の湿度が低いと皮膚が乾燥してしまい、フケが発生してしまい皮膚環境の

悪化により毛根からダメージを受けてしまうため毛艶も悪くなってしまいます。



ここまでで気付いた人もいると思いますが、どれも人間と同じです。


部屋の温度湿度は適度に保ち、食事に気を付け栄養状態を良好に保ち

リラックスできる空間を作っていれば毛艶はよくなっていきます。


とくに動物というのは人間の感情、とりわけ愛情に関しては敏感で

愛情もって接していればリラックスしていきます。それが健康においても重要でしょう。



さて、少し話が脱線してしまったので本題に戻りましょう。



このように環境と食事を整ええていれば毛艶はよくなっていくものですが

中にはめんどくさがりで自分で毛繕いしない子や肥満が原因でお尻や腹の毛が自分で毛繕い

できない子、高齢になったのが原因で毛艶が悪くなってしまった子もいます。


そういった子たちのために、ブラッシングというのは欠かせません。

体毛の状態を良質に保つことは健康でいることにもつながるので

ぜひ、ブラッシングをしてあげてください。



それでは以下、体型・毛の長さ別におすすめのブラシを紹介していきます。



①長毛種・体型問わず

【正規品】ペットブラシ グローブ 手袋 猫 ブラッシング ブラシ 1ペア 抜け毛取り クリーナー マッサージブラシ 犬 グローブ ペット毛取りブラシ お手入れ グルーミンググローブ

新品価格
¥999から
(2019/12/9 22:51時点)



ペティオ (Petio) プレシャンテ 猫用ラバーブラシ

新品価格
¥678から
(2019/12/9 22:52時点)





長毛種の場合、基本ラバーブラシなどのからめとるタイプのほうがオススメになります。

ラバーの場合、よく毛が引っ付くので面白いくらいに毛が取れていきます。

お手入れも簡単である程度ブラッシングを行えば毛が固まりになるので和紙みたいにペロっと

まとめてはがすことができます。

ラバータイプは材質も柔らかいため細身の子でも肥満の子でも体型にフィットするため

体型に影響されることはありません。長毛種ならこれ一択となります。




②短毛種・肥満体型

KYG 猫 ブラシ 毛繕い 抜け毛除去用品 中小型犬 猫用 オレンジ Mサイズ

新品価格
¥999から
(2019/12/9 23:00時点)




ファーミネーターは猫好きの方なら一度は聞いたことがあると思います。

ブラッシング能力としては抜群で短毛種の肥満体型にはとてもおすすめです。

名前的にブラシ部分がシェーバーみたいになっているのかと思っていた時期が

ありましたが、とても細かいステンレスのブラシみたいになっているため皮膚を

傷つける心配もありません。


が、普通体型から痩せ型の子に使ってしまうと先がステンレスなど硬い素材となっているため

骨などに当たって痛いのか嫌がる子が多い印象です。

そういった子には上記のラバーブラシを使っているのですが、肥満体型の子たちは

ファーミネーターが特にお気に入りでブラッシングを始めるとお腹を見せて喉を鳴らします。



③短毛種・痩せ型

BYBO 猫ブラシ 高級 ブラシ やわらかめ 抜け毛取り クリーナー ペットブラシ 犬 猫用 くし

新品価格
¥1,380から
(2019/12/9 23:10時点)




あまり見たことのない形状かもしれませんが、短毛種の痩せ型にはこれが一番でした。

一見ブラシ部分がファーミネーターのように見えるのですが、柔軟性があり皮膚を傷つける

心配が少なくまた、フック上の櫛部分が毛をまとめて取ってくれます。




ここまで紹介してきましたが人にブラッシングをしてもらうこと自体が嫌いという子はやはりいます。

そんな子たちには自分でブラッシングをしてもらいましょう。

よく壁や床に体を擦り付けたり首元をこすったりしているのを見ませんか?

ブラッシングをしてもらうのは嫌、でもやはり痒いので自分で一生懸命掻いているんです。

でもあんまりそれをやられてしまうと壁がびっくりするくらいクッキリと黒くなってしまうんですよね。


ですので自分で毛繕いできる場所をこちらから提供してあげましょう。

アーチペット猫ブラシ 痒み止めブラシ ペット用品 猫 毛づくろい ペットブラシ 猫ブラシ マッサージブラシ 猫 抜け毛猫コーナーマッサージ 清潔 猫おもちゃ

新品価格
¥1,488から
(2019/12/9 23:18時点)








ここまでやったら最後にさらに艶を出す仕上げもしましょう。

[REDECKER/レデッカー]高級キャットブラシ(猫ブラシ)

新品価格
¥1,782から
(2019/12/9 23:21時点)




豚毛ブラシはとても艶を出すのに適しており、それなりにブラシの硬さもあるため

猫たちが気にいることが多いです。

ただ、毛を使用したブラシはブラシ自体の手入れが大変で、ブラシの間に残った毛もなるべく

取り除いて次回使用しなければフケや古い毛を逆に皮膚につけてしまうのであくまで

仕上げとして使用してください。


以上、猫用ブラシのおすすめでした!

この記事へのコメント