レーザー脱毛は日焼けしていたらできない?事実は少し違うんです


病院などで行う医療レーザー脱毛。


日焼けをしていたらできないということは以前から言われていますが、

結論から言うと「日焼けしていてもレーザー脱毛は行える」です。


医療レーザー脱毛が日焼けしていたら実施できないということは

レーザーの特性にあり、レーザーは毛根や毛自体の「黒色」に反応するため

日焼けをしていたら皮膚が火傷を負ってしまうという事実の元

そういった話が現在に至るまで続いています。


ただし、医療というのは日進月歩で日焼けしてても医療レーザーの施術が可能な機器が

開発されており、多くの病院ではそれが取り入れられています。

気になる場合は病院等へまずは問い合わせてみましょう。

現在では逆に日焼けしている肌用のレーザー機器がない場所のほうが少ないように

感じるため、ほぼほぼ大丈夫だとは思います。


なぜ日焼けしてても大丈夫になったかというと昔は「黒色」に反応していたため

日焼けした皮膚にもレーザーによるダメージがありましたが、現在では

肌が黒く見える原因のメラニン色素への反応を抑えるようになっているためです。

メラニン色素とは紫外線から皮膚を守る為に生成される物質のことで

強い紫外線を浴びると皮膚を守る為にメラニンが多く生成され、皮膚が黒く見えます。


このようにメラニン色素への反応が少ないレーザーが開発されたことから日焼けしてても

施術が可能になってきましたが、ある条件によっては施術ができない場合もあります。


それは日焼けして皮膚が爛れ(ただれ)たり皮むけを起こしている場合です。


よく日焼けして黒くなる人は皮むけなどをあまり起こしませんが、それとは違い

日焼けしたら皮膚が剥けてしまったり腫れてしまう、赤くなってしまう人などは

皮膚が炎症を起こしている状態なのです。

そのような状態で強いレーザーを当ててしまうと皮膚へのダメージが強すぎるため

皮膚の炎症が治まるまでは安全性を確保できないため施術を拒否される場合が

多くなります。



ただし、これが家庭用脱毛器となると話は全くの別物となります。

家庭用脱毛器でそこまで強いダメージのあるものはまずありえませんが

家庭用脱毛器のほとんどは「黒色」に反応するように作られているため

日焼けしていると肌へのダメージが予想外に強いものとなる可能性があるため

お勧めできません。


もし家庭用脱毛器などで火傷などしてしまっても誰も責任を取ってくれませんし

医療の知識がなければ危険かどうかもわかりません。

やはり病院で医師や看護師がいる場所で医療の知識のもと脱毛を行うのが

一番安全となります。



日本人の場合、日焼けして黒くなった程度ではレーザー脱毛を断られることはありません。


ただし、皮膚が炎症を起こしていたり皮膚トラブルがある場合はその治療が最優先と

なるため、施術を見送る場合もあります。




この記事へのコメント