皮膚科病院でのヒゲ脱毛体験談。ほんとに痛くないの?


病院でのヒゲ脱毛を検討している人は必ずと言っていいほど

気になるその「痛み」。


私も皮膚科の病院で髭のレーザー脱毛をしているので実際痛いの?痛くないの?

という疑問に正直に書いていきます。


最近では「痛くない」「輪ゴムをパチンと当てたくらいの痛み」など

様々な謳い文句や、コメントが多いですが実は半分事実で

半分は嘘になります。


半分事実で半分嘘。

何が事実で何が嘘なのか。


結論から言うと「輪ゴムをパチンと当てたくらいの痛み」の部分もある、

ということです。


病院での医療レーザー脱毛は基本的に毛根を死滅させるほどの高出力の為、

痛くないということはほぼありません。

ほぼ痛くない場合というのもヒゲがもともと少ない、薄いか髭脱毛が終盤に差し掛かっている

場合でしょう。


医療レーザー脱毛は「黒色」に反応するため、髭が濃く毛量も多いとその分痛くなります。


その為、最初ほど痛いです。

はっきり言うと我慢してても涙目になります。

例えるなら、「プラスチック定規で本気のビンタ」くらい。

しかもこれ、連射されます。

最初、想定してなかった痛みだったので反射的にレーザーの照射を止めてもらったくらいです。


じゃあ「輪ゴムでパチンとされたくらいの痛み」は嘘なのか?

いいえ。


実はこれ、事実なんです。

首のあたりなど毛の少ない、薄い産毛などの部分から最初はレーザーを打つのですが

その時は本当に「輪ゴムでパチンとされたくらい」の痛みでした。


その為、油断してたのですがいざ顎回りにレーザーを打ち始めたら

痛みでびっくりして体がビクッとなるくらい痛くて。

先ほど言ったみたいにいきなり「プラスチック定規で本気のビンタ」くらいの痛みが連続で来るため

涙が出てきます。


ただ、その分確実に髭は薄く、減っていくので痛みも徐々に軽減していきます。

私は髭が濃かったので現在8回レーザーを打って1か月程度は生えなくなり、その後

産毛が少しずつ生えるという状況になりました。

それでもやはりレーザーを打つと「イタッ!」となります。




ちなみに「痛くない」と謳っているところは細胞にダメージがないほど低出力であることが

ほとんどの為あまり効果はないか、減毛程度しか効果は得られません。




結論として

・痛くないのは効果が薄い
・輪ゴムでパチンの痛みは髭の薄いところだけ
・顎や鼻下はプラスチック定規で本気のビンタ並み
・脱毛を続けていけば痛みは少なくなっていく

この記事へのコメント