アマゾンで自作ホームセキュリティを作るのと各セキュリティ会社との値段を比較してみよう


さて、以前別の記事でアマゾンに売っているものでホームセキュリティを

再現してみましたが、結論はセキュリティ会社を検討したほうがいいという結果に

なりました。


では今回は各セキュリティ会社と自作セキュリティを詳細に比較検討していきましょう。


プランとしては基本的な最安プランを各会社と自作セキュリティで比較していきます。

今回比較する会社は

・アルソック
・セコム
・MANOMA
・アマゾンでの自作セキュリティ

の4つでセキュリティ会社はすべて買い取りでのプランをもとに計算します。


機能としては

・侵入検知
・非常通報・駆け付けサービス
・被害時の補償サービス
・通信機能


ではこれらをもとに比較していきましょう。





まず端的に月額費用のみで検討してみましょう。

・アルソック=3500円
・セコム  =4500円
・MANOMA =3580円
・自作セキュリティ=0円


自作の場合は駆け付けサービスや通報サービスがないため、月額料金は0円と

なっていますが、有事の際は心もとないと言えます。

その分初期費用として機器を購入さえしてしまえば月々サービス料金を支払う必要が

ないため、一番手軽に始められるホームセキュリティだと言えます。

機器代金もセキュリティ会社から買い取る場合に比べるとかなりお得となり、

最低でも初期費用を10万円は浮かせることができるでしょう。


さて、ここで知ってもらいたいのがMANOMAの場合、Wi-Fiルーター料金と

話題のスマートスピーカー「Amazon Alexa」もついてこの値段ということ。

さらに言えば室内カメラを通した通話やスマホからの家電操作もできるので

他のセキュリティ会社とは一線を画すほど生活面でのサービスが充実していると

言えます。

そんな低価格で充実したMANOMAですが、なんでそんなに安いのか?

そう、安いのにはやはり理由があるのです。

それは、MANOMAの場合警備員の駆け付けサービスは別途契約する必要があり

一回の駆け付けに対し、5000円を支払う必要があります。

それに対し、セコム・アルソックは何回でも駆け付け無料となりますので

かなりお得に感じます。

が、ちょっと待ってください。


本当にそうだと思いますか?

少し考えてみてください。

セコムでは月額4500円で何回でも駆け付け無料。

MANOMAでは月額3580円でセコム1回の駆け付けで5000円。

月額の差は1000円程度です。

Wi-Fiを設置するならMANOMAは無料ですが、セコムの場合プラス3000円程度かかると

考えると月額の差は4000円。年間約5万の差が生まれますが、あなたの家は

1年間で10回も侵入されてしまうような治安の悪い世紀末のような世界に

建てているのですか?

もしそうならセコムやアルソックのほうがお得だと思いますが、そうでないなら

MANOMAのほうが年間での出費を抑えることができます。


通信機能はセコム・アルソックは機器そのものに通信機能があるのでWi-Fi等は

必要なく、Wi-Fi契約はありませんが、MANOMAは基本プランにWi-Fiルーター機能が

ついているので、ほかにパソコンや携帯をよく使うのであればMANOMAはお得となります。



被害時の補償サービスはやはり大手、セコムは最大で200万、アルソックは被害時には一律

10万円の補償金が出ることになっています。

自作セキュリティでは月々の節約はできますが、その分貯蓄しておかなければもしもの時には

だれも助けてはくれません。

また、MANOMAも生活面でのサービスは充実していますが、補償サービスはないので

生活面とサービスがかぶっている面もあるため節約はしやすいですが、やはり

自分で貯蓄し、もしもに備える必要があると言えます。






以上の点から値段とサービスを各会社ごとにまとめてみましょう。


・アルソック:月額3500円

侵入検知+非常通報・駆け付け+被害時の補償10万+機器本体に通信機能あり


・セコム:月額4500円

侵入検知+非常通報・駆け付け+被害時最大200万の補償+機器本体に通信機能あり


・MANOMA:月額3580円

侵入検知+非常通報・駆け付け+保証なし+Wi-Fiルーター・スマートホーム「Amazon Alexa」あり


・自作セキュリティ:月額0円

侵入検知+通報・駆け付けなし+保証なし+Wi-Fi等通信契約は別途必要



こうやって並べてみるとそれぞれ特徴的なのがよくわかりますね。


比較した結果、どれが一番いいかは人により意見が分かれそうですが、

あなたはどれが一番だとおもいましたか?



この記事へのコメント