見守りに最適!アマゾンでのおすすめライブカメラ。選ぶ基準とは?


ホームセキュリティはなにも防犯のみが目的ではありません。

ホームセキュリティでは玄関や窓からの侵入者など外部からの脅威に対して

使用することが多いですが、室内カメラも併用して利用されることが

大変多いです。

その理由として、もし空き巣などの被害にあった場合被害を迅速に把握し、

銀行口座を凍結させたり被害を最小限に抑えるため・・・

というのももちろんありますが、「家の中で家族の見守り」という

機能もある為です。

特に高齢な方が自宅で転倒して動けなくなった場合など、緊急通報システムを利用し

医療的な面で警備員の駆け付け機能を利用することも少なくありません。

高齢な両親が遠方に住んでいて、何かあってもすぐに駆け付けることができない方

などがこういった機能をうまく活用し身の安全を確保しています。


最近では特に、リアルタイムで映像を確認できて会話も可能なライブカメラも

多くなってきています。

ホームセキュリティの一機能としてライブカメラで大事な家族を見守り、

安心して生活しましょう。



それではまず、ライブカメラを選ぶ基準は何か確認していきます。

①音声通話可能か
②映像をいつでも見れるか
③夜間でも映像は鮮明か
④撮影範囲


それぞれ確認していきましょう

①音声通話可能か

やはり音声通話は必須です。

というのも転倒などしてしまって動けなくなってしまった場合、

ただ音声通話できないとただ寝ているだけなのかそれとも痛みや

苦しみでまったく動けないのか確認できません。

あれ?と思ったらすぐ確認することが命をつなぐために必要な行動です。


②映像をいつでも見れるか

映像と音声通話ならラインとか使えたらそれでいい、と思うかもしれませんが

ラインとライブカメラの違いは

「相手が応答しないと通話も映像も見れない」のがラインで

「こちらが見たいときに様子をいつでも見れる」のがライブカメラです。

電話しても先ほどの例みたいにもしかしたら動けなくなっているかもしれません。

そういったとき、カメラの映像がいつでも見れたら相手の状態を確認して、

救急車を呼ぶなどの行動が可能になります。


③夜間でも映像は鮮明か

これは非常に重要な問題です。

なぜだと思いますか?



高齢者は夜間に転倒することがとても多いからです。

その理由として、夜間にトイレに行くことが多くなっていくためです。

それも尿意で起きているため、寝起きにすぐ動こうとして体が起きてないのに

暗い中移動し、ふらついて転倒。

そのまま動けなくなってしまい、誰にも連絡を取ることができず

気付いてもらえるまで衰弱していってしまう・・・

ということが多々あります。

動体検知等で夜間に反応があった場合、暗闇でも無事にベッド、もしくは布団まで戻れているか、

転倒していないかなど確認する場合、暗くても映像が鮮明なほうが確認しやすいため

この機能も確認しておく必要があります。


④撮影範囲

②③の理由と被る部分もありますが、見える範囲が少ないと

状況を把握しきれません。カメラの死角で転倒して頭を打って気絶していたら

現場に直接行くしかないのでせっかくのカメラの意味がありません。


撮影範囲の広いもの、もしくはカメラのレンズを遠隔操作で動かせるものを

選ぶとよいでしょう。



以上の点を踏まえてアマゾンでのライブカメラのおすすめを紹介していきます。


第1位

Lefun ネットワークカメラ1080P 200万画素 ベビーモニター IP監視防犯カメラ 高解像度 無線ワイヤレス屋内カメラ 【wifi 強化 遠隔スマホ操作 動体検知 警報通知 双方向音声 暗視機能 録画可能 技適認証済み ホワイト

新品価格
¥5,999から
(2019/10/19 21:34時点)



先ほど紹介した選ぶ基準をすべて満たしている、値段もリーズナブルな人気のカメラです。

映像や通話はスマホで可能。

動体検知や暗視モードも搭載しており、撮影範囲はカメラの駆動によって

広範囲に及びます。


第2位

Lefun ネットワークカメラ 【400万画素 2019最新バージョンアップ】 ペット監視子供見守り老人介護カメラ 屋内防犯IPカメラ ベビーモニター WiFiワイヤレスカメラ 留守番 自動フォロー 顔検知 高解像度 遠隔操作 動体検知 警報通知 双方向音声 暗視機能 録画可能 日本語アプリ 技適&PSE認証済み ホワイト

新品価格
¥9,990から
(2019/10/19 21:39時点)



性能自体は第1位のカメラとさほど変わりませんが驚くべきはその画素数。

400万画素となっており、第1位のカメラの画素数の2倍。

その分値段も上がり、人気としては2位になりましたが子供や親の元気な顔を

しっかり見たい、という方から人気があります。


第3位

パナソニック 屋内スイングカメラ KX-HC600-W

新品価格
¥18,141から
(2019/10/19 21:43時点)




驚愕の撮影範囲、その範囲はなんと360度全方位。

台座を中心にスマホから操作することで360度全方位を確認することができます。

ある程度上下にも撮影範囲を操作することができ、大きさも

小さめなので部屋の景観を邪魔しません。どうしても目に付く大きさのカメラだと

圧迫感や監視されている印象を持っていしまい、いい思いはしませんが

形状もドーム型で圧迫感や見張られている感が他よりも少ないです。



以上、おすすめのライブカメラと選ぶ基準でした。

この記事へのコメント