ホームセキュリティのカメラの性能は?オススメのカメラ機能は?


昨今、カメラは身近な存在となり今や身を守るツールとして

もっとも手軽で強力な武器となっています。


・介護施設などで虐待を発見し摘発するのもカメラ

・あおり運転などの犯罪に巻き込まれた場合の証拠もカメラ映像

・声だけでなく顔を見て安全確認を確かなものにするのもカメラ

・空き巣などの警戒対策としてもカメラ


さまざまな場面で使えるカメラですが

その分、各会社はその性能に重きを置いて開発し鎬を削っています。


その代表例として最近発売されるスマホはどこもカメラ性能を重視し、

その部分を強くアピールしています。


セキュリティ会社でも今まではセンサーなどによる警報音の発動や

自動通報システムなどのサービスが多かったのが最近では

カメラを使用したサービスも多くなってきています。


その一つとしてウェブカメラによるテレビ電話があげられます。


子供や遠くの実家にいる両親の顔を「家の中にいる状態」でウェブカメラで

リアルタイムにみることができるということは今までにない安心感を生み出します。


顔が見れるということもさることながら画質の良さにも目が離せません。

暗視モードなど夜間でも訪問者の顔がはっきりと録画されています。


また、動きのある物体を検知した場合にのみ録画がスタートする動体検知モードなど

最近は多く見受けられます。



セキュリティ会社ごとにカメラ性能は異なるのでそれについてはまた別記事で紹介

させてもらいましょう。



さて、おすすめのカメラですが使う理由によってオススメの機能が違ってくるので

まずは

屋内か屋外か

屋内に置く場合はライブカメラ、ウェブカメラと呼ばれる類のものですね。


目的としては家族やペットの見守りなどでしょうか。

この場合、暗視モードは特に必要ありませんね。

必要な機能としては

ライブ機能、リアルタイムで状況を見ることができるアプリ等と連携したものですね。

動体検知による録画モードもついていれば留守番中のペットが何をしていたか

後で確認できるので結構面白いですよ。

そのほかの機能としては画質の良さ、広範囲の撮影が可能か、

等の部分も気になりますね。

あまり大きな目立つものを選んでしまうと圧迫感が出てしまい、

部屋の雰囲気と合わず後悔することになるかもしれないので

なるべく小型で目立たないものがいいでしょうね。




屋外に設置する場合は防犯目的がほとんどでしょう。

その場合、雨や風に打たれることを考慮し、頑丈なもの・防水のものを

選ぶ必要がありますね。

画質の良さももちろん、暗視可能なもの、動体検知により録画を開始するもの。

録画時間が長いものというのも重要ですね。

ドライブレコーダーでもそうですが、自動録画機能の付いているものは

ほとんどが容量がいっぱいになると過去の録画から自動で削除してしまうため

せっかくカメラを設置していたのに証拠部分の動画が消えてしまっていては

意味がありませんからね。

それと室内用とは逆に目立つものがいいでしょう。

カメラがあるというだけで空き巣などからしたら厄介なので

なるべく大きなものを。




以上オススメのカメラ性能だったので以下にまとめます。


室内用カメラのおすすめ機能
・リアルタイムでカメラ映像を確認できるライブ機能
・動体検知による録画モード
・画質の良さ
・撮影範囲が広範囲か
・大きさは小さめが良い

屋外用カメラのおすすめ機能
・頑丈で防水仕様のもの
・画質の良さ
・暗視モード
・動体検知による録画モード
・録画時間が長い
・サイズが大きめのもの

この記事へのコメント