子供の留守番は何歳から?ルールを決めても子供には難しい!!




ご覧いただきありがとうございます。


さて、題名の通り子供の留守番。


難しい問題ですね

というのも、中々平均というか比較することができないことなので

小学1年生からという家庭もあれば中学を卒業するまではなるべく

一人にしないという家庭もあります。


子育ての方針もありますが、基本的に小学生の内は一人にはしないという家庭が

多いですね。



ただし、それは今までの話。

昨今共働きの家庭が多くなってきており、その割合は約50%と半数近くとなっています。

その結果、小学生の内でもカギを持たせて留守番をさせる(いわゆる鍵っ子という)という

家庭も多くなってきた気がします。




ただ、ここで知っておいてもらいたい情報があります。

それはここ10年での犯罪に巻き込まれる件数の推移です。


全体での犯罪に巻き込まれる件数は減っていますが、12歳以下の犯罪に巻き込まれる件数

においてはここ10年で完全に横ばい。


少子化の昨今においては実質増加したということになります。


しかもその内容はほとんどが強制わいせつというなんともオゾマシイ結果となっています。


娘様のいる家庭ではかなり心配になる情報ですが、

息子様のいる家庭でも最近のニュースでは男児が強制わいせつの被害にあう

ニュースも報道されているので「うちは息子だから大丈夫!」と安心はできません。




そのほかにも鍵っ子の場合、数が少ないとは言え・空き巣・誘拐等も気になるところですし

子供が一人だで家にいると火の扱いが心配だったり、心配は絶えないですよね。


その為、ルールを決めている家庭がかなり多いです。


例えば、

・家に入る前は近くでジッとこちらを見ている人はいないか確認する

・宅配便は絶対に出ない

・カギはズボンのベルトから外さない

等がよくあるルールですね



ただ、子供が何個もあるルールを全部守るというのは難しいです。

また、宅配便などの受け取りではよくあるんですが、

「お父さん、お母さんの役に立ちたかった」という理由で

宅配便を受け取っていることもあります。子供の成長はうれしいですし

「褒めてもらいたいから頑張った」のにルールを破ったと叱るのも親心としては複雑ですよね。

けどもしそれで犯罪に巻き込まれたら・・・・・


心配は絶えませんね。



それに対して、最近は小学生の内からスマホを持たせている家庭も多いということです。

・家に着いたらラインする
・GPS機能を活用
・テレビ電話で無事を確認

etc


などスマホルールを用意。

ネットでの犯罪巻き込まれ率も気になるところですので

ネットへのアクセス制限ができる子供スマホを購入するという家庭も多かった



ですが現在キッズ携帯、キッズスマホと呼ばれるものはほとんどありません。


子供用にスマホを安く用意するなら格安SIM(Ymobile、マイネオ、UQmobile等)で契約するのが

一番ですが、問題として

①機種代金が高い

②ネットへのアクセス制限ができないこともないが設定が難しい

③友達間でのSNS等でのネットいじめ等が心配


などなどスマホを持たせることでも心配が絶えません・・・・



そこで最近導入数が増えているのが

ホームセキュリティ



家全体のセキュリティを守ってくれるだけでなく、最近では

・室内カメラ
・ビデオ通話
・遠隔での施錠開錠
・警備員の駆け付けサービス
・家事代行サービスとの連携

等もオプションで付けることができます。



料金はスマホに比べると安めで、2000~4000円程度。


設置工事が心配、アパートには付けることができないなどの心配もありません。


現在は賃貸でもホームセキュリティを設置することができます。





この記事へのコメント